データ改ざんは、いつの時代でも?!

更新日: 2015.11.04

DSC_0771

 

 

 

 

マンションの傾きの二ユースで話題となって、全国的にも基礎となる杭の強度データーの改ざんが次から次へと明るみになってきている。工期もあるが、安全上絶対に許せない。同じように、自動車の排ガスでも、改ざんが発覚して、大問題になっている。
いつの時代でも、あってはならないことであるが、実際におきている。「安全率」という言葉がるように、すべてのものは、余裕をもってできているが、基本となるデータが改ざんされていては、絵にかいた餅である。
国、県、市すべてで、抜き打ちをして、不正を阻止しなくては、最後は、市民であることを忘れてはならない。少しの保証や建て替えまでの期間の苦労を考えれば、今回の事例は、とても反省する機会でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* 上記画像の文字を入力して下さい

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top