円安の影響が年越しそばにも

更新日: 2014.12.25

DSC_0558DSC_0561
今年も残すところ1週間になり、31日は、年越しそばを頂く風習が見られますが、国内のそば粉と海外からのそば粉の使用割合からすると断然、中国をはじめとする海外からの輸入品が多く占めています。そのため、円安になると輸出産業には恩恵を受けますが、輸入産業では、大きな損害を被ります。いまでも日本は、加工貿易国で輸出が花形でありますが,あまりの円安では、困ります。
食の基本である原材料の高騰を是非、何とか安定させていただきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* 上記画像の文字を入力して下さい

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top