後を絶たない高齢者の運転事故は・・・

更新日: 2016.11.14

DSC_1477

今年になって特に、高齢者による交通事故が相次いている。原因は、ブレーキとアクセルの踏み間違いや無理な運転や操作ミスを含め、運転手の認知症の疑いもある。65歳以上の免許保有者は約1710万人もいる。運転に自信がなくなったり、感じた人には、自主返納を警察や行政も進めているが、都市部以外では、一向に進まない。生活の足がなくなるからであり、更なる代外案が必要である。郊外でのきめ細かい交通手段の確保が大切である。

今は、自動運転技術の開発も進んできたが、実用までにはまだ、時間が掛かる。

「クローバーマーク」は、今後、高齢化社会の中で、ますます増えてくる。

来年道路交通法の改正で、75歳以上の高齢者に認知機能検査が取り入れられる事であるが、果たして敵面の効果が上がるのだろうか。突然の事故により第3者が巻き込まれ、最悪死亡事故までにいたるこのとないようにしなけらばならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* 上記画像の文字を入力して下さい

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top