日本の人口の変動を比べると!

更新日: 2015.07.04

統計局ホームページ/人口推計(平成27年(2015年)1月確定値,平成27年6月概算値) (2015年6月22日公表)

   【平成27年6月1日現在(概算値)】
<総人口> 1億2689万人で,前年同月に比べ減少             ▲22万人       (▲0.17%)
【平成27年1月1日現在(確定値)】
<総人口> 1億2701万6千人で,前年同月に比べ減少           ▲21万9千人     (▲0.17%)
・0~14歳人口は 1621万4千人で,前年同月に比べ減少      ▲15万4千人     (▲0.94%)
・15~64歳人口は 7757万2千人で,前年同月に比べ減少      ▲117万6千人    (▲1.49%)
・65歳以上人口は 3323万人で,前年同月に比べ増加            110万人      (  3.46%)
<日本人人口> 1億2544万1千人で,前年同月に比べ減少         ▲27万6千人    (▲0.22%)

総人口の推移

日本の総人口は、6月1日現在で、1億2616万人と前年に比べ約22万人も減少して平成のピーク時からすると約184万減少した。これは、単純に計算すると三重県の人口が無くなったことに等しく、栃木県の人口197万人にも迫る数値である。どこの県も地町村でも、人口減少対策として、方策をかかげているが、全国的には、将来の子供の出生を増やすしか、解決にならない。そのために、子育て支援に目を向けた支援が後からどんどんでてくる。しかし、その前に、婚姻の件数も同時に増やしていかなかれば、真の対策にならない。今の若者の約50%が、出合いの場を求めているとも、一方では、報じられている。この先の人口問題は、非常に難しい時を迎えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* 上記画像の文字を入力して下さい

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top